有限会社 英商事

廃プラスチックリサイクルの有限会社英商事 リサイクル・再生・カーボンオフセット・産業廃棄物収集・運搬

取扱品目

■廃プラスチック類
[ 対応エリア ]
愛知県・岐阜県・三重県・福井県・滋賀県

 

HOME»  触媒の開発

触媒(名称・・・かすみ)の開発にあたって

※かすみとは英商事の商標登録名です。

現在、食品残さ等(有機物)の分解処理方法としてあげられるのは、大別して、微生物によって有機物を酸化分解させる方法(微生物分解)と有機物を炭化させる事を目的とした熱分解処理方法と温気等による加熱によって有機物の水分を蒸発させ乾燥させる方法が行われています。

 

しかし微生物分解とは実際、腐敗分解とも呼ばれ臭気問題や分解(腐敗)時間も長時間に至っているのが現状です。

一方、熱分解処理では空気(酸素)を遮断し600℃前後の高温が必要である事から、装置が複雑かつ大型となり設備費用が高くなる上、稼動経費も高くなるという問題があります。

 

乾燥方式も単純に乾燥させるだけであり残さは一般に可燃物として焼却されているのが現状でもあり、この方法にも臭気や温室効果ガス(二酸化炭素)の排出量の問題も揚げられます。

 

英商事は有機物を分解炭化する為のかすみ(触媒)を開発しました!!(特許登録済み)
 

【特徴】

すべての有機物に本開発の触媒を接触させる事によって化学反応(分解炭化反応)が起こり、粉末炭素に変化していきます。

1.基材が水に不溶であること
2.常温では働かず、約80℃以上の温度で触媒作用を発揮するように調整してある為、常温では手で触れても安全であること
3.粒形、粒の大きさ、材質等、反応装置や分解炭化対象物に対応した多種類の触媒の製造が可能であること
4.触媒の特徴として分解対象物に対し、3~5wt%の量で良く何日も繰り返し使用しても能力が落ちないこと
5.低温での化学反応である為、二酸化炭素(CO2)ダイオキシンの発生が無いこと

 

分解反応

有機物分子は、C:炭素原子の結合の鎖(炭素鎖)を骨格として、H:水素原子、O:酸素原子、N:窒素原子など数種類の原子の組み合わせで構成されている。これらの原子は、原子核の周りの電子軌道中の電子を共有し合うことで結合(共有結合)L分子を構成している。
共有している電子はマイナス、原子核には中性子及び陽子(プラス)を含み、Cに比べてOやNはその資質が大きく陽子の数も多い。分子中のOやNは共有している電子を自分の方へ引っ張る性質(電子吸引性)があり、OやNの電子吸引性より強める(これが「かすみ」の作用)ことで炭素間で共有している電子密度が下がり(小さくなり)結合が切れる。
これが分解炭化反応であり、結果的に生成するのは粉末状炭素(カーボン粉末)である。

「かすみ」による科学的効果


 
「かすみ」による科学的効果
有機化合物
(食物残さ等)
「かすみ」使用
「かすみ」使用
「かすみ」は従来にない分解触媒であり、分子間の結合を切り離し、有機化合物を炭素(C)、水(H2O)、窒素(N)に分解します。
分子間の結合が「かすみ」によって
化学的に切断されます。
「かすみ」による科学的効果
※水素(H)も発生しますが、すぐに酸素(O)と結合し、水蒸気(H2O)となります。
 
ポイント1】
熱処理ではないため、 「二酸化炭素」「ダイオキシン」
「臭気」等が出ません。
  ポイント2
熱処理ではないため、 高温環境(600~700度)を
必要としません。

 

お問い合わせはお気軽にどうぞ。

メールでのお問合せはコチラ